WHOと電磁波対策

電磁波が人体に影響を及ぼすことは広く知られていますが、その認識を高めた一つのきっかけとして、WHO(世界保健機関)の存在を無視するわけにはいきません。

WHOは1996年から電磁波の調査プロジェクトを実施し、電磁波が人体に及ぼす害について研究してきました。

中でも特に世間の関心を集める物が電磁波対策の手段についてですが、今は昔と違い、電磁波の特性などがよく知られるようになるにつれ、効果的に電磁波対策を行うためのアイテムなども次々に開発されています。

WHOだけに限らず、電磁波対策への取り組みは世界的に広く行われるようになり、危機意識の向上とともに電磁波対策もより洗練されてきました。

現在日本においては、まだまだ電磁波への意識は高いものであるとは言えませんが、WHOに習い私達も電磁波への正しい対策知識を身につけ、自分の体を守る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です