電磁波過敏症と北里大学

電磁波過敏症が問題視されてきている昨今において、電磁波が人体に及ぼす影響についての研究を迅速に行うことが望まれます。

日本国内のみに限らず世界的に電磁波による健康リスクの研究は積極的に行われており、北里大学においても電磁波過敏症に関連した研究結果が発表されています。

北里大学では主に化学物質過敏症と電磁波過敏症にスポットライトをあてた研究をしており、ラットを使った実験によって、長時間の電磁波の照射により杉花粉症が悪化するという実験結果が報告されています。

日本国内においては電磁波過敏症に関して最先端の研究を行っている北里大学の研究に、今後の期待と関心が寄せられます。

私達も電磁波に対する正しい知識を持ち、正しい対策をとって電磁波の健康リスクを避けたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です