電磁波対策グッズについて

電磁波問題が取り上げられるようになってから久しいですが、未だ決定打と言える解決策が無いというのが実情です。

それもやはり、日本国内における電磁波の健康リスクの認識の薄さによるものであると言えます。

電磁波は、最悪の場合脳腫瘍やガンを発症させる可能性が指摘されています。

そのメカニズムはまだ解明されておらず、まだまだ謎の深い電磁波ですが、そうした可能性が指摘されている以上、何らかの対策を行っておきたいところです。

電磁波対策グッズとしては、もっともメジャーなところで電磁波エプロンが挙げられます。

これは電磁波を遮断する素材で作られたエプロンです。

電磁波対策グッズとして最初に用いられ始めたアイテムです。

そのほかの電磁波対策グッズとしては、電磁波を悪性から良性へと返還するための特殊シールなどがあります。

これからは電磁波対策グッズも多様性を帯びてくることが予想されます。

どれを使用するにしても、自分に合ったアイテムをチョイスして効果的に利用することが大切です。

携帯電話の電磁波対策

電磁波が人体に与える有害性が注目され始めていますが、携帯電話も例外ではありません。

実は携帯電話が発する電磁波は電磁レンジのそれと非常によく似たものであり、特に人間の脳に近い部分で使用される事が多いことから、何らかの電磁波対策を行うことが望ましいものとされています。

欧米などにおいては携帯電話の電磁波障害に関心が高く、電磁波対策への取組みは日本よりも活発に行われているそうです。

携帯電話の電磁波対策としては、もっとも理想的なのが「携帯電話を使いすぎない」という事でしょう。

特に最近では小さな子供にも携帯電話を所持させるケースも増えていますが、子供は電磁波の影響を受けやすいため、あまり好ましいことではありません。

どうしても携帯電話を所持させる必要がある場合は、何らかの電磁波対策を行っておきたいところです。

電磁波を防止するためのシールなどがあるので、それらを利用すると良いでしょう。

IHの電磁波対策について

近年、その利便性と機能性、また災害を招きにくいという安全性から、IHを導入する過程が増えています。

IHとは電磁誘導加熱のことであり、通常の電気加熱やコンロによる過熱と比較すると、熱電動の効率が良いといった点や、IHクッキングヒーターなどでは火を使用しないというから、火災を招く危険性が皆無の高い安全性という利点があります。

しかし最近は電磁波が人体に与える有害性を問題視する人も増えており、電磁波対策への関心を高く持つ人が急増しています。

IHの電磁波対策としては、製品の利用者が電磁波を遮断するエプロンを身につけるものや、IH製品に直接貼り付けるシール型のものなど様々な電磁波対策アイテムが開発されています。

どのアイテムをチョイスするかは個人の判断によりますが、まずは電磁波対策への心構えを高く持つが大切であると言えます。

PC(パソコン)の電磁波対策について

特にパソコンを使ったデスクワークを仕事としている人の中では、パソコンより発生する電磁波の影響であると思われる症状を訴える人は多いのではないでしょうか。

聴覚の変容や頭痛、痺れなど、電磁波対策をとっている人も少なくないでしょう。

パソコンの電磁波対策としては、ディスプレイに直接取り付けるスクリーン型の電磁波カットシートなどがもっとも効果的だと言われています。

また、電磁波を吸収するサボテンをパソコン周辺に配置するというのも、電磁波対策としてとられる代表的な例です。

このほか、電磁波をカットするエプロンの使用なども電磁波対策として挙げられますが、パソコンを長時間にわたって使用するからには、こうした対策をしっかりととっておきたいものですね。

電磁波過敏症と北里大学

電磁波過敏症が問題視されてきている昨今において、電磁波が人体に及ぼす影響についての研究を迅速に行うことが望まれます。

日本国内のみに限らず世界的に電磁波による健康リスクの研究は積極的に行われており、北里大学においても電磁波過敏症に関連した研究結果が発表されています。

北里大学では主に化学物質過敏症と電磁波過敏症にスポットライトをあてた研究をしており、ラットを使った実験によって、長時間の電磁波の照射により杉花粉症が悪化するという実験結果が報告されています。

日本国内においては電磁波過敏症に関して最先端の研究を行っている北里大学の研究に、今後の期待と関心が寄せられます。

私達も電磁波に対する正しい知識を持ち、正しい対策をとって電磁波の健康リスクを避けたいところです。

電磁波過敏症の診断

電磁波過敏症の診療を受け付けている病院が少しずつ増えつつあります。

しかしこの電磁波過敏症、この症状が知られるようになってからまだ日は浅く、今も尚その全てが解明されていません。

そのため診断は非常に難しく、多くの医者はこれを嫌う傾向にあります。

また、診断とは言っても電磁波過敏症の因果が解明されていないため、具体的な処置を施すのも困難なようです。

診断というよりも、電磁波への対策を促すというのがせいぜいではないでしょうか。

そもそも電磁波過敏症は、現段階ではまだ正式病名として登録されていません。

世界的に広く認識されるようにはなってきましたが、まだまだその認知度は高いとは言えなく、医学的見地からの究明も一部機関でのみ積極的に行われているという始末です。

電磁波と電磁波過敏症、そしてその因果が解明されるまでには、まだまだ時間が要されそうです。

電磁波過敏症の専門医

電磁波過敏症という言葉が広く認識されるようになってきました。

電磁波過敏症とは、電磁波に対し体が過敏に反応し、頭痛や吐き気、発疹などの症状が表れるものをいいます。

現在のところ電磁波過敏症のメカニズムは解明されておらず、そのため電磁波過敏症の専門医なども存在していないのが現状です。

もちろん一部の病院では電磁波過敏症の診療を受け付けているところもありますが、専門医というのは定着していなく、またこれからも当面は専門医を設ける病院は現れないことが予想されます。

そもそも電磁波過敏症は病名として正式に登録されているわけではなく、医学的見地からその全ての因果関係が解明されているわけでもありません。

電磁波の専門家についても、電磁波過敏症の因果について触れることができないというのが現状です。

まずは個人個人が電磁波に対する正しい知識を持ち、自分なりに対策していくしかなさそうです。

電磁波過敏症とIH

IHクッキングヒーターは、電磁調理器とも呼ばれます。

文字通り電磁波を発生させる調理器ですが、電磁波が人体に有害であるという認識が広まるにつれ、「IHクッキングヒーターは非常に危険な調理器だ」と勘違いする人も増えているようです。

最近では電磁波過敏症という現代病も注目を集めてきていますが、電磁波や電磁波過敏症などに対して間違った認識を持つと、かえって自分の首を絞めてしまいかねません。

IHクッキングヒーターをはじめとし、各機器の情報を正しく把握し、その上で電磁波対策を行いたいところです。

さて、電磁波過敏症の症例報告が増えてきていますが、これはあくまで体質的な症状となります。

アレルギーなどと同様、その程度にも個人差があります。

「電磁波を長時間浴びていると電磁波過敏症になる」と思っている人もいるようですが、ほとんどは体質が大きな原因であるとされます。

正しい対策をするためには、まずは正しい知識を身につける必要があります。

化学物質過敏症と電磁波過敏症

近年、急速な増加を見せている化学物質化敏症と電磁波過敏症。

いずれも高度なテクノロジーの副産物ということができると同時に、私達の生活に密接に関連した症状であると言えます。

化学物質過敏症と電磁波過敏症の症状は非常によく似ているため、いずれかを語る上で引き合いに出されることが少なくありません。

双方ともに頭痛や吐き気、皮膚刺激といった症状が現れ、今や代表的な現代病として知られるようになりました。

また、化学物質過敏症、電磁波過敏症ともに、自律神経系の機能障害が現れる可能性が高く、深刻な状態になると日常生活にも支障をきたす可能性があります。

ハイテク社会に身を置く私達は、こうした現代病についてもっと高い関心を持つべきであると言えるでしょう。

電磁波過敏症とWHO

現代テクノロジーが洗練されていくにつれ、電磁波という弊害と脅威がその頭角をあらわにし始めました。

特にここ数年で急増したと言われる電磁波過敏症の症例数は深刻なものであり、電磁波が人体に与える害を世間に知らしめる一つの現象となっています。

WHO(世界保健機関)では、1996年から電磁波が人体に及ぼす害についての調査プロジェクトを実施しており、電磁波過敏症を含めた電磁波の健康リスクへの具体的な対策案をまとめ2004年10月に発表しました。

今や人々の生活は電磁波の中におけるものであるというのが普通になってしまいました。

WHOのこの取り組みは「当たり前」となってしまったそんな環境に警笛を鳴らす、重要な取り組みであると言えます。

WHOをはじめとし、電磁波過敏症を含めた電磁波の健康リスクを、私達がもっと高い意識で認識する必要があるのかも知れません。