電磁波過敏症の診断

電磁波過敏症の診療を受け付けている病院が少しずつ増えつつあります。

しかしこの電磁波過敏症、この症状が知られるようになってからまだ日は浅く、今も尚その全てが解明されていません。

そのため診断は非常に難しく、多くの医者はこれを嫌う傾向にあります。

また、診断とは言っても電磁波過敏症の因果が解明されていないため、具体的な処置を施すのも困難なようです。

診断というよりも、電磁波への対策を促すというのがせいぜいではないでしょうか。

そもそも電磁波過敏症は、現段階ではまだ正式病名として登録されていません。

世界的に広く認識されるようにはなってきましたが、まだまだその認知度は高いとは言えなく、医学的見地からの究明も一部機関でのみ積極的に行われているという始末です。

電磁波と電磁波過敏症、そしてその因果が解明されるまでには、まだまだ時間が要されそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です