電磁波過敏症とWHO

現代テクノロジーが洗練されていくにつれ、電磁波という弊害と脅威がその頭角をあらわにし始めました。

特にここ数年で急増したと言われる電磁波過敏症の症例数は深刻なものであり、電磁波が人体に与える害を世間に知らしめる一つの現象となっています。

WHO(世界保健機関)では、1996年から電磁波が人体に及ぼす害についての調査プロジェクトを実施しており、電磁波過敏症を含めた電磁波の健康リスクへの具体的な対策案をまとめ2004年10月に発表しました。

今や人々の生活は電磁波の中におけるものであるというのが普通になってしまいました。

WHOのこの取り組みは「当たり前」となってしまったそんな環境に警笛を鳴らす、重要な取り組みであると言えます。

WHOをはじめとし、電磁波過敏症を含めた電磁波の健康リスクを、私達がもっと高い意識で認識する必要があるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です