電磁波対策住宅について

電磁波を日常的に浴び続けると体は電磁波に過敏に反応するようになり、痒みや痺れ、刺激や発疹、頭痛や吐き気などの症状を現すと言われています。

これらは現在疫学的に研究が行われておりそのメカニズムはいまだ解明されていませんが、現代におけるハイテク病として広く認知されるようになりました。

こうしたことを受け、最近では電磁波対策住宅の導入を強く望む声も聞かれます。

電磁波対策住宅とは文字通り電磁波への対策が考慮された家作りを指しますが、各ハウスメーカーともまだまだ電磁波対策への関心が高いとは言えないのが現状です。

しかし、電磁波対策住宅への第一歩として有効なアイテムはどんどん開発されており、それらを上手に導入することによって電磁波対策の家作りを効率的に行うことができます。

代表的なものとしては電磁波対策コンセントなどが挙げられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です