化学物質過敏症と電磁波過敏症

近年、急速な増加を見せている化学物質化敏症と電磁波過敏症。

いずれも高度なテクノロジーの副産物ということができると同時に、私達の生活に密接に関連した症状であると言えます。

化学物質過敏症と電磁波過敏症の症状は非常によく似ているため、いずれかを語る上で引き合いに出されることが少なくありません。

双方ともに頭痛や吐き気、皮膚刺激といった症状が現れ、今や代表的な現代病として知られるようになりました。

また、化学物質過敏症、電磁波過敏症ともに、自律神経系の機能障害が現れる可能性が高く、深刻な状態になると日常生活にも支障をきたす可能性があります。

ハイテク社会に身を置く私達は、こうした現代病についてもっと高い関心を持つべきであると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です