あながち夢ではないかもしれません


出会い系サイトの中でも、有料のサイトと無料のサイト、あなたでしたらどちらを選びますか?

もちろん、ほとんどの方が無料のサイトを選ぶことでしょう。

有料サイトも無料サイトも経験したという方ならきっと分かると思いますが、両者の間に機能的な際は殆どありません。そのため、利用料を支払ってまで有料サイトを使う理由がないのです。

有料サイトのアドバンテージとしては、有料だけあって真剣に出会いを探している人が多いことが挙げられます。真剣な交際相手や、結婚相手を探しているという方であれば、有料サイトを利用したほうがいいかもしれません。

出会い系サイトで心配されるサクラも、大手サイトならばそんなに大勢いないと思いますし、それも含めてセキュリティの安心感が違います。

上記にあてはまらない方は、無料のサイトで十分楽しむことができると思います。

今では、無料の逆援助サイトも多く存在していますから、お金をもらってセックスさせてもらうという夢のような出来事も。

逆援助サイトを利用する女性は、ほとんどが妙齢の女性ですので、熟女好きの男性にはもうパラダイスとしか言い様がないでしょう。

さらに言えば、逆援助サイトを利用するような女性は、社会的に成功して、男性並みか、あるいはそれ以上の収入を誇る女性が非常に多いです。

男性諸氏にとっては、普通の出会い系サイトではなく、逆援助サイトのほうがもしかしたらメジャーになってくるかもしれませんね。

「熟女もの」と思っています。

「熟女系」というアダルト動画のカテゴリーがあります。

しかし、その「熟女」とは、具体的にどこからどの範囲までをそう呼ぶのか?

実際のところ、その定義というのはかなり曖昧なようです。大体の場合は、サイト運営者が主観で決めているのではないでしょうか。

一般的に「熟女」といえば、少なくとも20代後半くらいから上の女性という感じになるでしょうが、20代前半の女優が出演しているAVでも、「若妻〜」などいったタイトルだと、「妻」→「既婚者」→「熟女」という感じで熟女カテゴリーに分類されることがあります。

でもそれより年上の20代後半の女優の作品で「ナースの〜」というようなタイトルだと、熟女ものという扱いではなかったりします。

このように、どこからどこまでが「熟女」なのか、というのはかなり、分類する人間の主観によるところが多いのではないでしょうか。サイトによってもバラバラで、明確な基準はないようです。

基準が曖昧なだけに、この熟女系というジャンルは、幅広くいろいろな作品に当てはまるもののようにも思います。

それだけに、一口で熟女、といっても、出演している女性のタイプも作品の傾向も、行われているプレイも作品ごとに千差万別であるといえるでしょう。

ちなみに私の主観としては、「30代から上の女性で性的に成熟している女性」は「熟女」であると考えてもいいのではないかな

20代後半は人によっては熟しているといってもいいでしょうが、まだ若々しさもありますしね……。

というわけで、「熟女もの」という意識をしていなくても、皆さんが見ている動画は見る人によっては実は「熟女もの」だった、ということもあり得るかもしれませんよ。

かなりモテたもんです

いま流行している逆援助サイトですが、詳しく知っているという人は案外少ないのではないでしょうか。

今回は、男性から見た体験談から、逆援助サイトのことをご紹介したいと思います。

僕は、もう逆援助サイトを利用し初めて3年ほど経ちます。かなりのベテランと言えるキャリアです。実際、今までに10人以上の女性と出会いを果たしてきました。

当然セックスありです。自分で言うのもなんですが、僕自身は、リアルでは彼女なんていませんし、女の知り合いなんてほとんどいません。

そんな僕ですが、逆援助サイトでは年上の女性からアプローチをたくさん受けているのです。

アプローチしてくる女性の大きな特徴が、ほとんど30代40代の妙齢の女性ということです。

若い女の子を探しているのなら、逆援助サイトはオススメできません。逆援助サイトというのは、お金にとても裕福というわけではない、あるいは、まだまだ出会いの可能性をたくさん持っている女の子には不向きなサイトだからです。

逆援助というくらいですから、金銭的に余裕を持つ、また、このようなサイトを利用しなければ出会いもなかなか見つけることのできない、妙齢の女性がメインの女性ユーザなのです。

僕は別に年上好きというわけではなかったので、30代の女性と肉体関係を持つことに、最初は抵抗感がありました。

しかし、色々とリードしてくれる30代〜40代の女性を、今では自分から求めるようになりました。

大丈夫です。抵抗があるのは最初だけ。熟女にはまってみるというのも、なかなか楽しいものですよ。